読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  イシグロ沼津店スタッフブログ ☆沼グロ☆

沼津、伊豆周辺の釣りに関するあらゆる情報を発信します!

磯 遠投EV4-620RP パイプシート移動!

 

 

磯 遠投EV4-620RP

パイプシート移動!

 

 

こんにちは、

リメイク、リペア担当の福田です。

 

今回も依頼は、

リールシートの移動となります。

 

前回上手く移動出来なかったので、

今回は、成功させたいです。

 

 

 

 シマノ、磯遠投EV4-620RPです。

f:id:ishiguronumazu:20170223171432j:plain

 

 今回も

収縮ラバーを使用して、

パイプシート外しに

チャレンジします。

 

 

  それでは、

ロッドをパーツ毎に、

一度バラします。

 

・パーツ、ガイドを外します。

f:id:ishiguronumazu:20170223173024j:plain

 

 本体バットに巻いてある、

滑り止めテープを外して、

ロッドの確認と清掃をします。

 

・本体に巻いてあったラバーを外します。

f:id:ishiguronumazu:20170223173114j:plain

 

 収縮チューブは、35パイを使用し、

パイプシートの長さ分でカット!

 

 

 

 収縮チューブの35パイか40パイを用意します。

f:id:ishiguronumazu:20170223173214j:plain

 

 

 

 パイプシートに被せ長さを確認後

収縮させて行きます。

 

f:id:ishiguronumazu:20170223173253j:plain

 

 

 ヒートガンを上向きに置き、

ロッドを回しながら、

ゆっくりと、

万遍なく熱を加えて行きます。

 

 

 

f:id:ishiguronumazu:20170223173348j:plain

 

 熱伝導の良い、

アルミリングから、

外して行きます。

 

 アルミリングを再利用する時は、

加熱に気を付けないと、

熱で変形や変色に繋がります。

 

アルミリング外しも完了!

f:id:ishiguronumazu:20170223173427j:plain

 

 パイプシート全体を加熱し、

内部接着剤が、緩んで来ます。

 

その時に軍手を装備し

ブランクとグリップを持ち、

下方向にネジリます。

 

・ パイプシート外し成功です。

f:id:ishiguronumazu:20170223173531j:plain

 

 パイプシートの下地は、

万遍無く接着剤が塗られています。

 

後から耐水ペーパーで表面処理を

綺麗に行います。

 

f:id:ishiguronumazu:20170223173611j:plain

 

 パイプシートに被せた、

収縮チューブも外します。

 

パイプシートも健在です。

 変形と変色もありませんでした。

 

熱に強い素材である事には、

間違いありませんが、

直火は駄目です。

 

f:id:ishiguronumazu:20170223173705j:plain

 

 表面の接着剤を削って行きます。

この作業をしっかり行わないと

下地のデコボコが発生します。

 

f:id:ishiguronumazu:20170223173840j:plain

 

 下地処理終了。

 

f:id:ishiguronumazu:20170223173924j:plain

 

 この竿もバット追い継ぎ加工してあります。

ブランク内部に段差を確認出来ます。

 

 

 

f:id:ishiguronumazu:20170303130806j:plain

 

 パイプシートを外すと、

ブランク径の違いが、

しっかり分かります。

 

 

f:id:ishiguronumazu:20170303130857j:plain

 

 外したパイプシートを、

「アップロック」と、

「ダウンロック」で、

取り付けて、

位置の確認をします。

 

アップロック式で取り付けた場合、

元の位置より6cm後方へ移動出来ます。

カゴのリールシートは、ダウンロックが、

通常です。

 

それは、

パイプシートのフードが、

リールをパーミングした時に、

手の平に触り、フィーリングの違和感や、

ガタツキに繋がる為、

この形は、おすすめできません。

 

 

純正パイプシートで、「アップロック」の場合。

元位置より約6cm後方へ移動可能。

 

f:id:ishiguronumazu:20170303131529j:plain

 

 それでは、ダウンロックの場合。

元々ダウンロックで付いているパイプシートを外し、

表面を少し削り調整しました。

 

後方からの追い継ぎバットの為、

パイプシートを、大幅に移動出来ませんでした。

 

 

 純正パイプシート「ダウンロック」の場合。

元位置より約1.5cm後方へ移動可能。

 

f:id:ishiguronumazu:20170303131623j:plain

 

 継ぎ部の径の太さは、

純正のパイプシートで、

下方移動は難しいです。

 

 

 お客様に現状をご説明、

純正パイプシートは、

上手く外せましたが、

使用は諦めます。

 

 

代用品パイプシートは、

富士工業のDPS26を使用して、

元位置より6cm下げて、

ダウンロックで作成を続行します。

 

 

 パイプシート交換の定番品となります。

f:id:ishiguronumazu:20170303131734j:plain

 

 パイプシートを組んで見て、

テープで簡易アーバーを作成します。

 

上下にセットし、

遊びや接着面の確保状況を確認します。

 

f:id:ishiguronumazu:20170303131828j:plain

 

 2ヶ所簡易アーバーを作成します。

これから、エポキシボンドで接着に入ります。

 

 

f:id:ishiguronumazu:20170303131927j:plain

 

 パイプシートの接着完了!

 

 

f:id:ishiguronumazu:20170303132008j:plain

 

 フロント部の加工に入ります。

 アルミリングを再利用します。

  

f:id:ishiguronumazu:20170303132151j:plain

 

 指定スレッドは、ブラック。

フロント分のスレッドを巻きます。

後は、エポキシコーティングとなります。

 

 

f:id:ishiguronumazu:20170303132309j:plain

 

 リア部の加工を行います。

フロントに比べると、

段差がハッキリと出てしまうので、

これからエポキシを盛り加工します。

 

f:id:ishiguronumazu:20170303132732j:plain

 

 5分間エポキシで段差部に、

たっぷり盛ります。

 垂れそうになりますが、

ロッドを斜めに持ちエポキシがこぼれない様に、

回転しながら固まるまで待ちます。

 

f:id:ishiguronumazu:20170303132847j:plain

 

 表面が固まるとこんな感じになります。

内部はまだ緩いので、

もう少し硬化するまで待ちます。

 

f:id:ishiguronumazu:20170303134120j:plain

 

 カッターの刃を立てて見て、

表面を薄く綺麗に切れるか、

試し切りを行います。

 

f:id:ishiguronumazu:20170303145848j:plain

 

 エポキシを削りながら、

形を調整して行きます。

 

f:id:ishiguronumazu:20170303145942j:plain

 

 ロッドを回しながら、形を確認します。

パイプシートの縁は、

エポキシの段差を作って置きます。

 

f:id:ishiguronumazu:20170303150029j:plain

 

 後方エポキシ部もスレッドの巻き上がりが出来る様に、

ブランクとの段差を削り無くします。

 

f:id:ishiguronumazu:20170303150119j:plain

 

 エポキシの削り加工が出来ましたら、

再度ロッドを回して形を確認します。

 

この加工をしっかり行わないと、

スレッドを巻いた時に形が悪くなります。

 

それでは、スレッドを巻き上げて行きます。

 

 

f:id:ishiguronumazu:20170303150248j:plain

 

 パイプの縁部エポキシを削る事により、

スレッドの乗り上がりと、

スレッドの座りを良くし、

コーティング後の厚みも、

違和感無く収める事が出来ます。

 

 

f:id:ishiguronumazu:20170303152641j:plain

 

 コーティングは、

少し厚め依頼でしたので、

3回程、粘度を高めたエポキシを、

コーティングして行きます。

 

 

f:id:ishiguronumazu:20170303152954j:plain

 

 エポキシの完全硬化を確認後、

お客様に引渡しとなります。

 

 

f:id:ishiguronumazu:20170316162426j:plain

 

 これからのシーズン、

カゴ釣りターゲットは、

のっ込みマダイがメインとなり、

大型のマダイが期待出来ます。

 

タックルの状態も、

ベストタックルで臨みたいですね!

 

パイプシート位置一つで、

ロッドのフィーリングが変わり、

取り扱い易さは、

釣果に直結します。

 

 

是非!

大物ゲットをして欲しいです!!

 

 

 

 

釣具のイシグロ公式通販|ロッドメイキングパーツ専門通販サイト|

 

f:id:ishiguronumazu:20170323165647j:plain

釣具のイシグロ公式通販|中古リサイクル釣具専門通販サイト|

f:id:ishiguronumazu:20170323165658j:plain

釣具のイシグロ|情報ポータルサイト

f:id:ishiguronumazu:20170323135309p:plain