読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  イシグロ沼津店スタッフブログ ☆沼グロ☆

沼津、伊豆周辺の釣りに関するあらゆる情報を発信します!

タックルオフ沼津店 遠征五目竿作成依頼!

タックルオフ

 遠征五目竿の作成依頼!

 

 

 

こんにちは、

リメイク、リペア担当の福田です。

 

今回の依頼内容は、

遠征五目竿の作成依頼です。

 

山梨県のお客様からオーダーを頂きました。

サイズや指示確認の為、

当店まで足を運んでもらいました。

 

持ち込みパーツを使用して、

今回は、遠征五目ロッド作成依頼です!

 

 

f:id:ishiguronumazu:20160823010945j:plain

 

 

お客様が選んだガイドは、

富士工業さんのHBSG2081ガイドセットです。

 

 

ロッドブランクが長い為、

ガイドサイズの8を、

2個追加しました。

 

 

 

 

 サオヒロ、スレッド中巻き(ブルー/ホワイトラメ)

f:id:ishiguronumazu:20160823011055j:plain

 

 ブルー基調での仕上げ、

ガイド脚部もスレッド指定。

 

 ブランクは、高密度グラスBソリッド、

長さ2100、元径11mm、先径2.4mm

持ち込みアルミバットに合わせて、

全長は230の指定となります。

 

元部を20cmカットし全長の調整を行う。

 

 

 それでは、

ブランクにスレッドを巻いて行きます。

 

 

 

 スレッドを詰めて、密巻きし隙間を無くす。

f:id:ishiguronumazu:20160823011138j:plain

 

 スレッドの巻き終えた後から、

表面をガラス棒などで馴らします。(擦ります。)

スレッド断面は、丸(サークル)から、

押し潰されて楕円(オーバル)になり、

スレッドの表面積が増し、

より隙間を無くす事が出来ます。

 

コーティング前の下準備として、

スレッドを馴らす事により、

エポキシ後の色ムラを無くす事にも繋がります。

 

 

 

 日に当てながら、表面馴らしが足りない所のチェック。

f:id:ishiguronumazu:20160823011319j:plain

 

 足りない所は、

ガラス棒でゴリゴリ馴らして行きます。

段々と面の馴染みと、

表面の艶が見て取れるので確認し易いです。 

 

 

 

 

 

 コーティングします。

f:id:ishiguronumazu:20160823011518j:plain

 

 ロッドメーカーにセットします。

ブランクの角度や、

再度ロッドメーカーの固定をチェックします。

 

ロッドメーカーの回転力で、

台が動く時がありますので、

テープを貼って固定します。

 

 

 

 

 見た目の淡い色は、かなり沈みます。

f:id:ishiguronumazu:20160823011424j:plain

 

 

 コーティング前が右側です。

コーティング後が左側です。

色合いの沈み方は、

スレッドによって変わります。

 

 簡単に確認したい場合は、

スレッドに溶剤をかけて、

色が沈んだ状態を再現します。

 

 あくまでも参考の範囲です。

 

 

 コーティングを2回かけてからの研ぎ出し作業中です。

f:id:ishiguronumazu:20160823011640j:plain

 

 コーティングを2回かけた後、

表面のデコボコを、耐水ペーパーで研ぎ出します。

 

個人的に多様する耐水ペーパーの番手は、

荒削りで400番。整えで600番。仕上げで800番。が、

耐水ペーパーの作業順番としております。

 

 

 

 

コーティング後に耐水ペーパーをかけた状態です。

f:id:ishiguronumazu:20160824190107j:plain

 

 表面は、山と谷が発生しています。

見た目は、デコボコが少ない様に見えますが、

ブランクに指を乗せて、

スライドさせるとはっきり感じ取れます。

 

そこから表面の研ぎ出しを行います。

耐水ペーパーに水を付けて、

表面の艶(光っている所)を

削って行きます。

 

 

 

 

耐水ペーパーで表面を削り出した状態です。

f:id:ishiguronumazu:20160824190154j:plain

 

 まだまだ細かく光っている所があるので、

削って行きます。

 

この谷間の光を、

しっかり研ぎ出し処理を行います。

 

 

前工程のスレッドをしっかり馴らす作業は、

研ぎ出しを、

綺麗に成功させる為の下準備なのです。

 

厚みが均一に仕上がっていれば、

高低差は少なく、

コーティング後の研ぎ出しも、

苦労無く、表面処理が出来るはずです。

 

表面を削り、光る所(高低差からの作業不足)が、

多いのは、研ぎ出し不足です。

 

もう一つ、考えられる事は、

生産後の製品ブランクの状態によります。

 

どちらにしても丁寧に、

表面を削り馴らさないと、

次に進めませんので、

光っている所を削り馴らして行きます。

 

 

 

ストッキング使用、しごき塗装実施。

f:id:ishiguronumazu:20160904161846j:plain

 

 新品で購入したストッキングは、

表面コーティングが施されています。

 

新品のストッキングに、

そのままエポキシを浸み込ませて、

しごき塗装をすると、

エポキシを弾きます。

 

新品のストッキングは、

中性洗剤で、表面保護コーティングを、

しっかり洗い流してから、

ご使用をおすすめします。

 

 

使用する大きさも、

手のひら2つ分位をカット使用します。

 

 

 

 

 受け皿の準備。

f:id:ishiguronumazu:20160904162033j:plain

 

 しごき塗装する時に、

必要な受け皿を作成しました。

 

プラスチックトレーにビニールを被せて、

こぼれたエポキシの受け皿を作ります。

 

トレー中央に、ティッシュを2.3枚置き

こぼれたエポキシを浸み込ませます。

 

 

 

 エポキシ用意。

f:id:ishiguronumazu:20160904162125j:plain

 

 エポキシ、比率はA剤1:B剤1:溶剤2で作成します。

 

 

 

 

 エポキシは良く混ぜて、しごき塗装の道具を準備。

f:id:ishiguronumazu:20160904162217j:plain

 

 受け皿、コーティング剤、ストッキングを用意します。

 

 

 

ビニールの 薄手、手袋用意。

f:id:ishiguronumazu:20160904162315j:plain

 

 安くて、使い捨ての薄手ビニール手袋です。

しごき塗装時の必需品です。

おすすめ品。

 

 

 

 

 サビキ手袋、イシグロ各店で販売しています。

f:id:ishiguronumazu:20160904162406j:plain

 

フリーサイズなので、

余った長さを指の根元に引っ張ります。

遊びが出ない様に、

自分の指の長さに合わせて下さい。

 

 

 

 しごき塗装を始めます。

f:id:ishiguronumazu:20160904162501j:plain

 

 エポキシは、ストッキングの中央から浸み込ませて行きます。

 

 

 ストッキングにエポキシを浸み込ませます。

f:id:ishiguronumazu:20160904162558j:plain

 

 エポキシは、ストッキングにしっかり染み渡る様に、

少し握り浸み込ませます。

 

 

 

 

 浸み込ませたストッキングの中央にブランクを挟みます。

f:id:ishiguronumazu:20160904162704j:plain

 

 ストッキングを2枚重ねた中央に、

ブランクを挟み一定の力で握りながら、

ブランク根元から穂先に向けて、

ゆっくりスライドさせて行きます。

 

その時、左手に用意したトレーも、

滴り落ちるエポキシを受け取りながら、

一緒にスライドして行きます。

 

 

 

 しごき塗装終了です。

f:id:ishiguronumazu:20160904162754j:plain

 

エポキシコーティングが、

塗れているかどうか確認するには、

表面の艶(光の筋で判断)が、

1本の筋で根元から先端まで通っているか確認します。

 

エポキシが塗れていない所は、

色がくすんでいたり、

光の反射が無いので、

直ぐに確認出来ます。

 

もし、塗り残しを発見した場合、

再度ストッキングで、

根元からしごき直しとなります。

 

1回塗った場合、

ストッキングの滑りが悪くなります。

 

そして、1回目に塗ったエポキシを擦り取る形になり、

コーティングが薄くなります。

 

その為乾燥後に、

再度しごき塗装の2回目が必要となります。

(個人差があるので、

乾燥後の状態判断となります。)

 

 

 

フロントグリップを作成します。

f:id:ishiguronumazu:20160913153614j:plain

 

 ウレタングリップ軽くて、

加工がし易いです。

 

今一番当店で、

売れているフロントグリップです。

 

 

f:id:ishiguronumazu:20160913153659j:plain

 

 従来グリップと比べて、

細身になり、軽くて強く、

何よりも加工し易い事が、

一番おすすめ出来ます。

 

 

 

 グリップ接着後の加工作業。

f:id:ishiguronumazu:20160913153855j:plain

 

 デザインナイフや、

カッターの刃を新しく交換し削って行きます。

 

簡単にサクサク切れます。

フロントとリアの段差は、

ベルトを巻く時に邪魔になるのでカットします。

 

ほとんど力を入れる事無く、

スムーズに処理出来るのでおすすめです。

 

 

 

 

 

 フロント部から加工して行きます。

f:id:ishiguronumazu:20160913153943j:plain

 

 メーカーでフロント、リア共に、

ベルト巻き用の基準段差を、

作ってくれていますが、

 ベルトを巻く時に、

(自分の作業工程では、)邪魔なので、

カッターで段差を削って行きます。

 

 

 

 

 

 

 カッターの刃は必ず交換して実施。

f:id:ishiguronumazu:20160913154025j:plain

 

 フロントくびれから刃先を入れて、

段差分の厚みをスライスして行きます。

 

刃が新しいと、ほとんど力を入れる事なく、

スライス出来るので、

時間は掛からず簡単に処理出来ます。

 

 

 

 

 ウレタングリップは、おすすめです!

f:id:ishiguronumazu:20160913154110j:plain

 

 表面を薄くスライスする事に意識し、

無駄な力や、刃先の角度を入れない事が重要です。

 

 

 

 こんな感じです。

f:id:ishiguronumazu:20160913154209j:plain

 

 

上写真より、気持ち細身に手直ししました。

f:id:ishiguronumazu:20160913154250j:plain

 

 

 

 

フロント部に、 ベルトを巻きます。

f:id:ishiguronumazu:20160913161503j:plain

 

 

 

 

 東邦産業のスケルターワークスシリーズ。

カラーテープバット用(ブルー)を指定使用。

f:id:ishiguronumazu:20160913161548j:plain

 

 ベルトの質感や丈夫さ、加工のし易さ、

品質はおすすめです。

 

長さは、1.2mあり、

フロントやリア処理でも対応出きます。

 

 

 

 ベルト間に入れる飾りリボンも、

東邦産業のスケルターワークスシリーズ。

 

f:id:ishiguronumazu:20160913162155j:plain

 

 デコレーション・ストリングを3本使用します。

 

f:id:ishiguronumazu:20160913170414j:plain

 

 3本を合わせてベルトと巻いて行きます。

 

f:id:ishiguronumazu:20160913190847j:plain

 

 ベルトの仮組みをします。

 

f:id:ishiguronumazu:20160913191604j:plain

 

 フロントグリップにベルトを仮組みします。

ベルトの進入角度を確認します。

 

 

 デコレーション・ストリングも一緒に巻きます。

f:id:ishiguronumazu:20160913205228j:plain

 

 ベルトと一緒にたるみが出ない様に、

角度と力の入れ具合を確認しながら、

巻いて行きます。

 

 

テンションは、しっかり掛けて巻く。

f:id:ishiguronumazu:20160913210955j:plain

 ベルトはフロント用ではありませんが、

角度の付け具合と、

デコレーション・ストリングを中に入れる事により、

よれやたるみを緩和出来ます。

 

 

段差のヨレが、

フロントに出ていますが後処理できます。

f:id:ishiguronumazu:20160913211107j:plain

 

 グリップエンドまで巻き終えました。

 

f:id:ishiguronumazu:20160913211223j:plain

 

 フロントとリアを、セロハンテープで止めます。

 

f:id:ishiguronumazu:20160913211322j:plain

 

 リアエンド部のベルトを、キツくテープで固定します。

 

 

 余分なベルトはカットします。

f:id:ishiguronumazu:20160913211420j:plain

 

 フロントもテープにテンションを掛けて巻きます。

 

f:id:ishiguronumazu:20160913211521j:plain

 

隙間を無くすコツは、

 雑巾を絞る様に、

フロント、リアを絞り上げます。

 

 

 コーティングします。

f:id:ishiguronumazu:20161114174356j:plain

 

 コーティング後のリア。

 

f:id:ishiguronumazu:20161114174521j:plain

 

コーティング後のフロント。

 

f:id:ishiguronumazu:20161114174653j:plain

 

加工中にキズが付かない様に、

マスキングテープを4,5周巻きます。

 

f:id:ishiguronumazu:20161114175045j:plain

 

 フロントの余分なベルトをカットします。

 

f:id:ishiguronumazu:20161114175254j:plain

 

フロント部約20cmに飾り巻きを行います。

 

f:id:ishiguronumazu:20161114175418j:plain

 

飾り巻きのセンターを出します。

 

f:id:ishiguronumazu:20161114175557j:plain

 

後は、交互にスレッドを組むだけ。

 

f:id:ishiguronumazu:20161114175838j:plain

 

ブルーのスレッドを巻き過ぎない程度に終了。

 

f:id:ishiguronumazu:20161114182312j:plain

 

フロントのスレッド巻き終了。

 

f:id:ishiguronumazu:20161114183028j:plain

 

リアのスレッド巻き終了。

 

f:id:ishiguronumazu:20161114183134j:plain

 

コーティング開始。

 

f:id:ishiguronumazu:20161114183250j:plain

 

 これから厚目にコーティングを3回程します。

 

 

ネームプレートの位置確認。

f:id:ishiguronumazu:20161114183404j:plain

 お客様の希望によりネームを入れます。

 

ネーム コーティング位置は、

必ず、前後のバランスを、

確認してから決めます。

作成大詰め!

 

指定書式のネーム入れは、

お客様が特にご要望でしたので、

慎重に行う。

 

 

 

ネーム貼り完了!

f:id:ishiguronumazu:20161114183445j:plain

 

 前方、後方のバランス角度をチェック。

ネームシールを貼って、

コーティングします。 

 

 

 

 

完成しました!

f:id:ishiguronumazu:20161114183550j:plain

 

 

 コーティングの乾燥状態を確認後、

お客様へ完成TEL!

 

週末は相模湾へ、

ワラサ釣行のご予定でした。

 

 釣果吉報を待つ!!

 

作成した私も、

ファーストヒットの魚が、

とても気になります。

 

 

 ↓↓ランキング参加中!ぽちっと応援お願いしますm(__)m

 にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村